MLBB GRAND PRIX -2020 JAPAN-大会規約 | JEG【Japan Esports Guild】

MLBB GRAND PRIX -2020 JAPAN-大会規約 Topics

1.はじめに

「MLBB GRAND PRIX 2020 JAPAN」(以下、「本大会」)はJAPAN ESPORTS GUILD(以下、「運営事務局」)が運営及び管理を行い、以下のとおり本大会のルールを定めています。(以下、関連する注意事項等も含めて「本規約」)
運営事務局は本規約に従って、本大会を進行するほか、本規約に定められていない内容が発生した場合や本規約を適用することが著しく公平性を欠く結果となる場合の裁定権を有します。

2.大会形式

本大会は「MLBB GRAND PRIX 2020 JAPAN-予選-(Day1.Day2)」(以下、「予選」)、「MLBB GRAND PRIX 2020 JAPAN-本戦-(Day1.Day2)」(以下、「本戦」)、「MLBB GRAND PRIX 2020 JAPAN-決勝-」(以下、「決勝」)の3部で構成。
予選を勝ち上がった6チームを本戦出場とし、本戦の成績優秀チーム上位4チームが決勝への出場権を獲得。

2.1.1予選(オンライン)

⑴大会形式:予選はAグループBグループの2つに分ける。2日間に分けてオンラインで実施され、トーナメント形式で対戦を行う。また各グループに敗者復活トーナメントを設け、各グループから上位3チームを選出し合計6チームが本戦出場。
⑵敗者復活トーナメント:各グループで1度負けたチームは各グループの敗者復活トーナメントに進むことができる。敗者復活トーナメントで負けた時点で予選敗退。
⑶順位:各グループ本戦出場確定チームにも順位を振り分ける。既に出場が確定している場合でも順位を決める為に予選決勝、敗者復活トーナメントの決勝は行う。
1位・・・一度も負けずにストレートで勝ち上がったチーム
2位・・・敗者復活トーナメント決勝で勝利したチーム
3位・・・敗者復活トーナメント決勝で敗北したチーム
⑷実施日:予選実施日は以下の予定
2020年10月3日(土) 18:00~22:00
2020年10月4日(日) 18:00~22:00
⑸主賞:本戦への出場権利
⑹参加賞品:本大会にエントリーし試合に出場したチームの登録メンバー全員に500ダイヤ付与
⑺参加形式:チームメンバーは上限6名、参加チームのリーダーがエントリーをする
⑻試合形式:ドラフトピックを使用したダブルイリミネーション形式
⑼試合回数:全ての試合はBO1
⑽BANピック:禁止ヒーロー【ガトートカチャ】【バターン】、6BAN制
※ゲーム内システム上の都合で使用できないヒーローがある場合、そのヒーローの使用は禁止となる
⑾先攻後攻は運営事務局公式ミラティブチャンネルにてルーレット抽選を行う。
⑿運営事務局が指定する試合以外は各チームの代表者が管理をして試合を行うこと。
⒀試合結果の画面を保存し指定された方法で虚偽なく提出すること。
⒁大会当日は理由を問わず、出場するチームメンバー以外でのメンバー入れ替えはできない事とする。ただし、チームメンバー内でのメンバー入れ替えは可能。
⒂チーム内に未成年がいる場合はその対象メンバー個人で必要書類※を送付する必要がある。※保護者から保護者同意書に記入・捺印をもらい運営事務局に送付すること
⒃過去に実績を残した「JEG認定プレイヤー」が3名以上在籍しているチームはシード枠の権利を有し、この権利を使用するか選べることができる。
⒄本大会の運営事務局がピックアップした試合を運営事局が指定するプラットフォームにて生放送を行う。
オンライン予選の各グループの成績優秀チーム上位2チーム(合計4チーム)が「本戦大会」の出場権を獲得。

2.1.2注意事項

⑴予選から進出した本戦出場権利を持つチームが出場権利を放棄または剥奪された場合、そのチームと最後に試合を行ったチームに本戦出場権利が譲渡される。
⑵⑴で譲渡されたチームが出場権利を放棄した場合、放棄したチームが最後に対戦をしたチームに本戦出場権利が譲渡される(以下その繰り返し)。
⑶⑴⑵で譲渡されたチームが本戦出場権利を有していた場合はその本戦出場権利を有していたチームが最後に対戦をしたチームに本戦出場権利が譲渡される。

2.2.1本戦(オンライン)

⑴大会形式:本戦は2日間に分けてオンラインで実施され、6チームによる1試合総当たり形式で対戦を行った後、上位4チームが決勝に出場とする。
⑵実施日:本戦実施日は以下予定
2020年10月10日(土) 18:00~22:00
2020年10月11日(日) 18:00~22:00
⑶主賞:決勝への出場権利
⑷本戦賞品:本戦出場チームに特製フレーム付与
      決勝に進出できなかった2チームには賞品を付与
⑸参加形式:予選エントリー時の情報をそのまま使用
⑹試合形式:トーナメントモードを使用した1試合総当たり形式
⑺試合回数:1試合につき2戦行う
⑻BANピック:禁止ヒーロー【ガトートカチャ】 【バターン】 、6BAN制
※ゲーム内システム上の都合で使用できないヒーローがある場合、そのヒーローの使用は禁止となる
⑼先攻後攻は運営事務局公式ミラティブチャンネルにてルーレット抽選を行う。
 2試合目は先攻後攻を入れ替えして行う。
⑽順位:勝ち点方式を採用し、2戦の内2勝したチームに3点(勝利)、1勝1敗の場合は両チームに1点(引き分け)を付与し、全試合終了時勝ち点が多い上位4チームが決勝に出場とする
⑾決勝のトーナメントの組み合わせは本戦の1位対3位、本戦の2位対4位の対戦カードとなる。
⑿大会当日は理由を問わず、出場するチームメンバー以外でのメンバー入れ替えはできない事とする。※チームメンバー内でのメンバー入れ替えは可能。
⒀ピックアップした試合を大会運営事局が配信するプラットフォームにて生放送を行う。
⒁各チームのリーダーは音声での出演をしてもらいインタビューを受ける。
※勝ち点が同じ場合は以下の順によって順位を付ける
◇2チームが並んだ場合
①当該チーム間の本戦対戦成績
②勝利数
③予選順位
◇3チームが並んだ場合
①勝利数
➁予選順位
上記での順位がつかない場合はBO1のプレーオフを当日に行い順位を決める

2.2.2注意事項

⑴本戦から進出した決勝出場権利を持つチームが出場権利を放棄または剥奪された場合、5位以降のチームに決勝出場権利が順次譲渡される。

2.3.1決勝(オンライン)

⑴本戦を勝ち抜いた4チームにて決勝を行いMLBB GRAND PRIX 2020 JAPANの優勝チームを決定する。
⑵実施日:決勝実施日は以下の通り
2020年11月8日(日) 11:00~
⑶賞金:賞金は以下の通り
  1位:1,000,000円+120,000ダイヤ
  2位:500,000円+60,000ダイヤ
3位:300,000円+30,000ダイヤ
4位:200,000円+18,000ダイヤ
※賞金の送金は税金、振込手数料を引いてからとなる。
⑷試合形式:トーナメントモードを使用したシングルイリミネーション形式
⑸試合回数:BO3の2点先取、決勝戦のみBo5の3点先取
⑹BANピック:禁止ヒーロー無し、6BAN制
※ゲーム内システム上の都合で使用できないヒーローがある場合、そのヒーローの使用は禁止となる
⑺先攻後攻は運営事務局公式ミラティブチャンネルにてルーレット抽選を行う。
 2試合目は先攻後攻を入れ替えして行う。
⑻大会当日は理由を問わず、出場するチームメンバー以外でのメンバー入れ替えはできない事とする。※チームメンバー内でのメンバー入れ替えは可能
⑼全試合を運営事局が配信するプラットフォームにて生放送を行う。
⑽決勝進出者は全員音声でのインタビューを受ける

2.3.2注意事項

⑴大会運営事務局と決勝出場者との間において、本件規約に定めのない事項につき法的紛争が生じた場合においては、民法第643条乃至第656条による準委任に関する定めが適応されること。
⑵いわゆる無気力プレーや迷惑行為を禁止行為として明確に定め、本件eスポーツ大会の参加者に対し、大会運営事務局と一体となり大会の運営に一定の責任を有すること。
⑶賞金はチームのエントリー人数で割った金額を個人に配布する。虚偽の報告が発覚した場合その個人に対する一切の報酬の取り消しを行う。またその際に取り消された報酬の再分配は行わない。

3.参加資格

⑴本規約を確認のうえ、同意いただけること。
⑵参加者は1名につき、ゲームアカウント1つで参加すること。
⑶生年月日が2005年10月2日以前で、大会参加時に15歳以上(中学卒業)であること。
⑷予選、本戦、決勝の全日程に参加でき、かつインタビューを受けることができること。
⑸予選、本戦、決勝の決められた大会スケジュールを守り、運営から指定された集合場所に時間通りに集合できること。
⑹2020年10月2日時点で20歳未満の場合は、MLGP参加保護者同意書※1を印刷し、不備なく記入・捺印の上、スキャンもしくは写真にてメールにデータを添付し提出すること。期限は2020年9月28日(月)17:00まで。記入した原本は大会終了時まで自身で保存しておくこと。提出先はこちらjapan.esports.guild@gmail.com
また決勝出場者は書類※2と公的機関が発行する生年月日と顔写真が記載されている身分書の画像を2020年10月26日(月)17:00までに提出すること。捺印に関して、手書きのサインや、シャチハタ(ゴム印)のものは認められない。
※本大会における身分証明書例は本規約の最後に記載
⑺提出書類を期限までに提出出来ていないチームは参加不可。
⑻日本国内に居住していること。※3
⑼日本語で大会運営や他の参加者と円滑にコミュニケーションが取れること。
⑽各チームは運営事務局が指定したDiscordに2名参加すること。Discordをチームリーダーは参加必須であり、運営とのやり取りは基本チームリーダーが責任を追う。ただし試合中またはその他の事情によりリーダーが対応できない場合はもう1名が対応すること。Discord内ではその2名以外のメンバーとのやり取りは一切行わない。9月30日17:00までにDiscord内にチームの代表2名のどちらも確認が出来ない場合、そのチームは参加不可。
⑾本規約と別途指定する大会進行手順を理解し遵守すること。
⑿今大会の運営事務局に所属していないこと。
⒀MOONTON及び運営事務局よりアカウントの停止、大会出場禁止処分を受けていないこと。
⒁本大会において運営事務局やメディア各社が写真撮影や取材を依頼した場合、こころよく許可すること。
⒂参加者、親族、スポンサーを含めた関係者が反社会的勢力(暴力団、暴力団構成員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動標ぼうゴロ、政治運動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等またはこれらに準ずるものをいう)または、反社会的勢力と関係を有する者ではないこと。
⒃大会エントリー申し込みから大会終了までの期間中にゲーム内プレイヤーネームを変更しないこと。※4
⒄ゲーム内プレイヤーネームと参加チーム名が不適切でないこと。※5
※1 親権者等の法定代理人の署名捺印が必須となる。
※2 免責事項同意書、大会参加同意書、端末借用同意書を指す。
※3 公的機関の身分証明書に日本国内の居住地(住所)が明記されていること。
※4 大会エントリー最終日(9月24日)のプレイヤー確認時にエントリー時のユーザー名と確認時のユーザー名が違っていた場合、出場できない事とする。また、大会参加チーム名と参加選手はHP内で公表する。
※5 賞金付きかつ日本王者を決める大会となる為、モラルの面ではより厳しく取り締まることとする。

4 大会エントリーと情報記入

4.1 予選

エントリー時には、以下項目について登録が必要となり、チームリーダーは以下に記載される情報を入力する必要がある。
⑴大会エントリーは以下の日程から開始する。
エントリー受付期間:2020年9月1日(火)~2019年9月24日(木)23:59まで
⑵大会エントリーは、大会特設ページの指示に従い、チームを作成したうえで行うこと。
⑶エントリー後は、運営事務局からの要請がある場合を除き、大会が終了するまでゲーム内の名前を変更しないこと。
⑷運営事務局はゲーム内の名前について変更を要請でき、参加者はその要請に従う必要がある。
⑸エントリー締め切り後の登録情報の変更については、一切の対応ができないため入力間違いには十分注意すること。
⑹本大会エントリーに際し、提供個人情報は、本規約で明示する利用目的でのみ使用し、本大会のプライバシーポリシーに従い、適切に管理する。
⑺運営事務局は本大会における連絡事項をチームリーダーだけに連絡するものとする。チームリーダーは運営事務局の連絡があってから48時間以内に返信しなければならない。返信が無い場合は如何なる事情に関わらずそのチームは棄権したとみなす。
⑻参加者は1つのチームに所属し、複数のチームに所属することはできない。

4.2 本戦

4.1の条件を満たし出場権を獲得したチームが出場。別途エントリーは必要なし。

4.3 決勝

決勝に進出したチームは個人で大会エントリー情報を提出する必要がある。
提出する必要がある情報は以下の通り。
⑴ゲームネーム/ゲームネームの読み方(カタカナ)/チーム名/生年月日/居住地(住所)/チームのSNSアカウント(Twitterなど)/電話番号/メールアドレス/モバレのユーザーID
⑵ ⑴の情報入力後、モバレユーザーIDが表示された画面のスクリーンショット、各種同意書、身分証明書の画像を大会事務局に提出。

5 大会の進行

本大会の進行について以下に規定する。

5.1 集合

(1)試合に参加する選手は、大会運営が指定する時間までに、指定の場所に集合しなければならない。
(2)日程およびタイムスケジュールに関しては、参加選手による変更は受け付けない。
(3)運営上の理由からやむを得ない場合、大会運営の判断で日程およびタイムスケジュールを変更することがある。
(4)運営が指定した時間までにチェックインを行っていないチームは、棄権とする。
試合開始の5分前までに試合を行うチームは指定した会場に全員待機しなければならない。
試合開始時間になってもチームが揃ってない場合、運営に遅刻者の状況報告を行い大会運営に報告しなければならない。
状況確認を行い、運営が試合開始時間から10 分の猶予時間を設ける。
10 分経っても指定した会場にチームメンバーが全員いない場合は『不戦敗』となる。

5.2 試合中のトラブル

⑴予選・本戦中の切断や端末の動作不良などにより試合続行が不可能になった場合、当該の試合は参加できない。ただし、トラブルが解決し、再度試合に復帰ができた場合は続行することを認める。
⑵本大会開催中にトラブルが起こった際、参加者はどのような内容でも、ただちに運営事務局にその旨を申告し、判断を仰ぐ責任がある。ただちにその旨を申告しなかった場合、運営事務局による裁定が行われない可能性や、ペナルティの対象となる可能性がある。
⑶ゲーム成立前(ゲーム成立とはBan & Pickが全て完了した状態)に通信の切断や端末の動作不良などにより、試合の開始・続行が不可能になった場合、不可能になった時点までの設定を保持して再試合を行うことがある。
⑷ゲームの成立後であっても、試合中に致命的なバグが発生、または大会運営が不公平な環境的状況(悪天候や許容できない安全上のリスクなど)が存在し当該試合の続行が不可能であると判断した場合、再試合を指示することがある。また、試合の続行が不可能になった時点で一方のチームが他方のチームを圧倒していた場合、大会運営の判断により一方のチームの勝利を宣告することがある。なお、再試合時には続行不可能になった時点までの設定は保持されますが、設定の保持が現実的でないと場合には設定は保持されないものとする。
⑸運営事務局は、試合の続行が不可能になった旨の申告を受けた場合、参加者に対する聞き取りを行い、裁定を下す場合がある。
⑹今回大会の参加者は、試合を行う上において使用する機材・通信環境について全ての責任を持つものとします。試合中に如何なる不具合やトラブルが起きても、試合を中断することはない。ただし以下の場合は特別ルールを設ける
・本戦、決勝の試合中にトラブルが起きた場合は各チーム1戦につき1回タイムアウトを取ることができる。タイムアウトは5分まで認め5分を超過した場合はそのチームの負けとなる。
・タイムアウトを取る際はゲーム試合中に全体チャットでチームの誰かが「p」と打つこと。
・タイムアウトが発生したあと、両チームは速やかにDiscordを使って運営と連絡を取り報告を行うこと
⑺正当な理由なく異議を述べ、大会運営が試合の進行を妨げるものと判断した場合は、大会運営は当該選手に対して「9.ペナルティ」に定める内容を課すことができるものとする。
⑻運営事務局への申告をせずに試合を再開、もしくはルームを退出した場合、ペナルティが与えられる場合がある。
⑼Mobile Legends公式サイトで周知している不具合により、試合の続行ができなくなった場合や、アプリケーションのトラブルが発生する可能性があるとき、運営事務局は臨時のルールを制定するものとする。
⑽試合中、不正ツールの使用やその他不正行為を発見した場合、参加選手は報告する必要がある。当該選手のプレイの録画やスクリーンショットなどの方法で証拠を保存し、運営事務局まで報告すること。
⑾その他の理由で当該試合の続行が不可能となった場合、大会運営が協議の上で対応を決定し、理由を公開した上で無効試合にする場合がある。
⑿選手は、大会運営の決定や判断に従うものとする。

5.3 試合中の注意事項

意図的にゲーム内の不具合を利用し、他の選手に攻撃・キルすることが発覚した場合、運営事務局は該当する選手及び所属チームへペナルティを課すことができる。

6 対戦環境

本戦大会での対戦環境について定めている。

6.1 端末

⑴予選、本戦では選手個人が所有するスマートフォン専用アプリケーション『Mobile Legends』がインストールされた端末(スマートフォン、タブレット端末など)を使用して実施する。
⑵決勝に出場する選手には、大会事務局が手配するスマートフォン専用アプリケーション『Mobile Legends』がインストールされた端末(androidゲーミングスマートフォン)を使用して実施する。
⑶決勝で使用する端末と同種類の端末を個人で所有する選手は、いかなる理由があっても個人で所有する端末を大会で使用することは認めない。
⑷使用する端末に運営事務局が指定する機器以外は、接続、取り付け及び使用を禁止する。
⑸予選・本戦に参加する選手は、自身が使用する端末および端末の通信環境や電波状況に関する責任を持つ事とする。
⑹全ての参加者の端末はBluetooth機能の使用を禁止する。

6.2クライアント

⑴大会開催時に提供されている『Mobile Legends』の最新バージョンを使用して試合を行う。
⑵端末OSの最新バージョンにアップデートして試合を行う。

6.3アカウント

⑴予選・本戦は、スマートフォン向けアプリ「Mobile Legends」にて登録したご自身のアカウントを使用して試合を行う。
⑵決勝は、スマートフォン向けアプリ「Mobile Legends」にて運営事務局が用意したアカウントを使用して試合を行う。
⑶大会参加者1人につき1つのアカウントを使用して試合を行う。複数のアカウントの使用は認めいない。

7.配信

⑴今大会では、運営事務局が指定する試合をストリーミング放送する。
⑵今大会に出場する選手は、ストリーミング放送されることに同意したものとする。
⑶今大会のストリーミングは、遅延のうえで配信される。
⑷運営事務局は大会参加者の実況配信行為を中止または遅延を行ったうえでの配信することを要求できる。運営事務局の指示に従わない場合は、ペナルティの対象となる。
⑸個人で配信される場合に関して、レフリー枠からの配信は認めない。

8.禁止事項

大会参加者は以下の行為を行ってはなりません。
⑴本規約に反すること
⑵運営事務局が指定した大会実施時間に遅れること
⑶大会運営に関する情報を、許可なく外部へ公開すること
⑷参加時の申告内容に虚偽のものを記載して参加すること
⑸同一の人物が複数回本大会への応募を行うこと
⑹大会への参加権を他者に譲渡すること
⑺運営事務局が定めた時間に集合しないこと
⑻大会時開始後に運営事務局に通知なく、無断で大会出場を破棄し離脱すること
⑼大会開始後スタッフの指示および要請に従わないこと
⑽大会運営以外の者がレフリー枠に入り試合を観戦すること
⑾カスタムルームに大会参加者以外の者を招待すること
⑿大会進行、運営を意図的に妨害すること
⒀大会運営スタッフの大会進行上必要な質問に適切に回答しないこと
⒁大会運営スタッフに虚偽の申告をすること
⒂クライアントを強制終了するなど、故意に試合を続行不可能にすること
⒃予選への参加した際、運営事務局の承諾を得なく、無断で試合用ルームから退出すること
⒄試合相手や他の参加者へ賞金を分配すること
⒅意図的に敗北するよう他の参加者に働きかける、もしくはその働きかけに応じて意図的に敗北すること
⒆試合以外の方法によって勝敗を決定しようとすること
⒇決勝の試合中(BAN&PICK以外)に、対戦相手や大会運営スタッフ以外の者と、運営事務局に無断でコミュニケーションをとったり、試合の助言を受けたりすること
(21)決勝の試合中に同じチームメイト以外の人にみだりに話しこけること
(22)今大会の試合中、「Mobile Legends」以外のアプリケーションを起動して情報を閲覧したり、試合に必要な機材以外の電子機器(スマートフォン、フューチャーフォン、タブレットPCなど)を操作したりすること
(23)アプリケーションの脆弱性や不具合を故意に利用すること
(24)公序良俗に反する、卑猥、差別的、攻撃的、肖像権その他、他人の権利を侵害する可能性のある固有名詞を使用すること
(25)公序良俗に反する格好で会場に入ること
(26)オフライン会場において運営事務局スタッフの許可なくマスクを取る行為
(27)大会会場内外やSNSなどで、「Mobile Legends」、本大会、運営事務局またはMOONTONの信用を失わせるような言動、他の参加者に対する暴言やハラスメント行為、暴力、他の参加者を煽るなどの紳士的でない行為を行うこと、その他各種法令に反する行為を行うこと
(28)MOONTONが定める、Mobile Legendsの利用規約に違反すること
(29)本大会に関して賭博を行うこと。
(30)反社会勢力と関係すること。
(31)以下のサービスを販売、あるいは提供している者とスポンサー契約を結ぶこと、または以下のサービスを宣伝すること。
①ポルノ、たばこ、アルコール、賭博、不法なデジタルコンテンツその他、日本国内で販売が禁止している物やサービス
②「Mobile Legends」その他MOONTONの事業と競合する物やサービス
※運営事務局の事前承諾がある場合は、この限りではない。
方法は限定せず、発言の他、ゲーム内の名前を利用するものや、宣伝となるような行為全般を対象とする。
※運営事務局の事前承諾がある場合は、この限りではない。
(32)意図的に端末に損壊を与え・汚染するなど、試合用設備に損壊をもたらす可能性がある行為を禁止します。意図的に端末を損壊したと判断された場合、損害賠償金を要求するものとする。
(33)不正プログラム、不正ツール、ボットを使用して試合を行うこと。
(34)以下に規定する迷惑行為を行うこと。
-民族、人種、身体、宗教などに関する差別的な内容
-特定宗教、思想、政党の勧誘活動、宣伝活動
-特定人物や団体に差別中傷する行為
-痴漢行為など、ポルノ関係の内容
-暴力やテロリストなどの、他の参加者や来場者不快を感じさせる行為
-以上と内容同意(表現法は異なるが意味が同じ)あるいは同音(発音は異なるが意味が同じ)、隠喩、ことわざなど意味が同じ内容
(35)守秘しないこと。
参加者は運営事務局との個別コミュニケーション・問い合わせ・質問の内容の公開を禁止されます。(同じチームメンバーと保護者を除く)。上記の内容を公開したい場合は発言者と運営事務局の理解と許可を得なければならない。
(37)試合の公平性を妨害する行為。

9.ペナルティ

⑴大会参加者が本規約に違反したと運営事務局が認めた場合、違反した大会参加者にペナルティを与える。
⑵与えるペナルティは軽いものから順に警告、大会の失格、一定期間の出場禁止、無期限の出場禁止があり、悪質さ、影響の大きさなどを考慮し、運営事務局が決定する。
⑶同一の人物が繰り返し本規約に違反した場合、より重いペナルティが与えられる。
⑷運営事務局は与えたペナルティを、JEG公式ウェブサイト上などで公表できるものとする。
⑸参加者が本規約に違反したことによって、運営事務局、MOONTONに損害を与えた場合には、当該参加者に対して、損害賠償請求等の法的請求をする場合がある。

10.賞品の受け渡しに関して

(1)選手は大会運営が定めた期間中に必要な情報や資料を大会運営に提出すること。
(2)前項を満たしていない場合は賞品を受け取る権利を放棄したものとする。
(3)賞品は受け取る権利を持つ者に対して公平に譲渡される。
(4)賞品は他者に譲渡できないものとする。商品の受け渡し日については大会後に大会運営より別途連絡を行うものとし、到着した際にメールにて到着連絡を入れるものとする。

11.一般

11.1免責事項

⑴ゲームサーバーのトラブルや天災等のやむを得ない事情が発生した場合、本大会を延期、中断する場合があります。運営事務局の責任によらない不可抗力による変更時は、賞金や支援の支払いを行わない場合がある。また不可抗力時、運営事務局は参加者に対してその責任を負わず、大会への参加のために要した諸経費の支払請求の一切を受け付けない事とする。
⑵参加者同士のトラブルや、参加者が本規約に違反したことにより生じた損害や不利益について、運営事務局は、運営事務局の指示や対応に重大な責任がある場合を除き、一切の責任を負わない。
⑶参加者は本規約あるいは不正行為のため出場権利が剥奪された場合、運営事務局一切責任を負わない。そして、運営事務局は本規約違反であいは不正行為の判断権利がある。
⑷本大会における全日程において、備品の管理は参加者本人が行い、運営事務局は一切の責任は追わないことに同意すること。

11.2肖像権、パブリシティ権および個人情報の取り扱い等

「17.プライバシーポリシー」を参考

12.準拠法および裁判管轄

⑴肖本規約は、抵触法の規定にかかわらず、日本において一切の交渉、締結および履行が行われる合意書として、日本国憲法に準拠し、日本国憲法に従って解釈されるものとする。
⑵本規約または本サービスに対して異議がある場合は、お問い合わせ先に連絡し、友好的な協議を行うことにより解決を図るものとする。

13.規約の変更

⑴運営事務局は、予告なく本規約を変更する権利を有する。
⑵本規約が変更される際は、JEG公式ウェブサイト上で告知され、その時点で発効するものとする。

14.身分証明書

本大会に参加する選手は大会期間中に以下の公的機関が発行する身分 証明書を提示することが義務付けられます。また身分証明書の有効期間が大会開催期間内のものを提示する必要があります。有効期間外の身分証明書は、身分証明書としては認められません。
◇身分証明書として認められるもの
 (1) 自動車運転免許証
 (2) 旅券(パスポート) ※日本で発行されたものに限る。
 (3) 船員手帳
 (4) 海技免状
 (5) 小型船舶操縦許可証
 (6) 猟銃・空気銃所持許可証
 (7) 宅地建物取引主任者証(宅地建物取引士証)
 (8) 電気工事士免状
 (9) 無線従事者免許証
 (10) 認定電気士事従事者認定証
 (11) 特殊電気士事資格者認定証
 (12) 航空従事者技能証明書
 (13) 動力車操縦者運転免許証
 (14) 教習資格認定証
 (15) 運転経歴証明書(平成 24 年 4 月 1 日以後に交付されたものに限る)
 (16) 住民基本台帳カード
 (17) 在留カード
 (18) 仮滞在許可書
 (19) 特別永住者証明書
 (20) 身体障害者体障害者手帳
 (21) 療育手帳
 (22) 国もしくは地方公共団体の機関が発行した身分証明書(写真付)
 (23) 健康保険被保険者証
 (24) 国民健康保険被保険者証
 (25) 船員保険被保険者証
 (26) 後期高齢者医療被保険者証
 (27) 介護保険被保険者証
 (28) 共済組合員証
 (29) 国民年金手帳
 (30) 国民年金証書
 (31) 印鑑登録証明書
 (32) 船員保険年金証明書
 (33) 児童扶養手当証書
 (34) 共済年金証書
 (35) 住民票の写しもしくは住民票記載事項証明書
 (36) 戸籍の附票の写し(謄本若しくは抄本)
 (37) 大学、大学院、短期大学、高等専門学校又は専門学校が発行する顔写真付きおよび生年月日の記載された学生証

15.『MLBB GRAND PRIX -2020 JAPAN-』プライバシーポリシー

JEG(以下,「当社」といいます。)が主催する『MLBB GRAND PRIX 2020 japan』(以下,「本大会」)にあたり、本大会に参加していた だ く参加者から取得する情報は、下記のとおり、適切に管理及び利用させて頂きます。
参加同意書にご記入頂くことにより、参加者は本プライバシーポリシーに同意いただいたものとみなしますので、本プライバシーポリシー の内容をよく読んだうえ、ご記入するようお願いいたします。
⑴本大会へのエントリー及び第2項の目的のために、参加者から以下の情報を取得いたします。弊社は、参加者から収集した情報(以下「個人情報等」)を適切に取り扱い、厳重に管理いたします。
・ゲームの ID
・端末情報
・氏名
・生年月日
・性別
・電子メールアドレス
・電話番号
・住所
・音声を含むゲームプレイの動画像
・公的機関の発行する身分証明書等本人を識別できる証明書 ・銀行口座の情報 ・SNS アカウントに関する情報(Twitter、Facebook、Youtube 等 SNS アカウントのD や公開情報等)
⑵(個人情報を収集・利用する目的)
当社が個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。
◇ 参加者の本人及び年齢確認のため
◇本大会の様子を録音録画し、録音録画した内容を本大会及び本大会の終了後にゲームの公式サイトや公式 SNS アカウントで利用 するため
◇ 参加者に本大会に関する情報を通知するため
◇ 参加者に対する各種お問い合わせ対応のため
◇ 賞金を支払うため
⑶参加者は、参加中の肖像・ゲーム内の名前・年齢および自己紹介などの情報が、運営事務局および大会関係者が作成するウェブサイト、 大会関連の広報物、報道並びに情報メディアにおいて、今年度並びに来年度以降も使用される可能性があることを了解し、付随して運営 事務局および大会関係者が制作する印刷物・ビデオ並びに情報メディアなどによる商業的利用を承諾し、これにつき、肖像権、パブリシティ 権その他の権利を行使しないものとします。
⑷第2項記載の情報の提供は参加者の意思に委ねますが、弊社が必要とする情報をご提供頂けない場合又は情報に誤りがある場合は、 参加者が本大会にエントリーすることができない又は賞金を受け取ることができない恐れがありますのでご注意ください。
⑸弊社は、参加者の同意なく情報を第三者に提供することはありません。
⑹弊社は、第2項に掲げる利用目的の達成に必要な範囲で、第1項に掲げる情報を、弊社の親会社及び子会社と共同利用することがあります。この場合、弊社が責任をもって情報を管理し、プライバシーポリシーに従った取り扱いがなされるようにいたします。
⑺弊社は、法令に定める場合、公的機関等から合理的な理由により情報の提出を求められた場合には、開示又は提供することがありますのでご了承ください。
⑻個人情報等の訂正、追加、削除、利用停止、消去および苦情、相談につきましては、下記の連絡先までお問い合わせいただきますよ うお願い致します。
個人情報の取り扱いに関するお問い合わせ先
japan.esports.guild@gmail.com
※受け付け時間は、月曜日〜金曜日10:00~17:00となります。
※お問い合わせへのご返信は、受付順となります。問い合わせ状況によりご返信にお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。
※電話でのお問い合わせは受けておりません。

16.お問い合わせ先

japan.esports.guild@gmail.com
※受け付け時間は、月曜日〜金曜日10:00~17:00となります。
※お問い合わせへのご返信は、受付順となります。問い合わせ状況によりご返信にお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。
※電話でのお問い合わせは受け付けておりません。

17.変更履歴

2020年9月25日
変更箇所【(3.参加資格)の太文字部分】